RSS | ATOM | SEARCH
充実の7月

今月はライブが多いです。

きしのりこさん、小川徹くんワンマン、小松原沙織さんワンマン。

週末にはT&Tワンマン、そして来週末には佐藤守くんワンマンが控えています。


自分に声を掛けてくれる事に感謝です。

演奏の場を与えてくれてありがたいなって思っていたら、今日の演奏は幸せなんだな、特別な事なんだなって、とても前向きな気持ちになりました。

その分なのか、ライブ前の緊張感を存分に味わっています。

良い集中力で演奏出来ていると思います。

演奏内容は日の練習や運動を積み重ねるとより良くなって行く実感があります。

そして、しっかり休む、寝る事も必須事項の一つでした。


最近思っている事

・出ないところは出ない、無理しない。

・堂々と同じ事をする、恐れない、グルーヴを感じる。

・リズムのオンオフ、アップダウンを感じる、一方通行にならないように。

・思い切って面白いアレンジにチャレンジする、行きたい方向に気付いて目を背けずに行ってみる。

・思い切って凄く小さい音を出してみる、楽器を歌わせるみたいなイメージ。

・どこへでも行けるように、脱力というか柔らかくしておく。

・トップスピードになったらもっと行くんじゃなくて、維持する。


日々積み重ねていると結果として出てきてくれます。

もっと音楽を感じたい!!


週末のT&T、来週末の守くん。

どんな演奏になりますか、期待と不安を胸に、楽しみです!!

author:ニッC, category:-, 23:17
comments(0), trackbacks(0), - -
shiorのボディを削ってもらった
もう一週間前になりますが、shiorのボディをアナグマで削ってもらいました。

元はボディの左右に突起があるデザインでかっこいいのですが、プレベやジャズベと比べると弦やピックアップまでの距離が遠くなり、ピッキングが良い形で出来ていない事に気がつきました。
(腕が長い人だと気にならないのかもしれません。)

デザインのバランスを考えてボディの左右両側を削ってもらおうと思ったのですが、右側は突起の部分に電装諸々が入っているため、左側のみお願いしました。
その後、削ったよー弾きやすくなったと連絡があり、翌日にアナグマへ向かいました。

ドキがムネムネしながら弾かせてもらいました。
しかしまだ違和感が拭い切れず、無理言って再度削ってもらいました。
まず大まかに削り、サンドペーパーを三種類くらい使い分けて手間をかけて削ってくれました。
ある程度削ったら弾かせてもらい、感覚をチェックして修正して、完成しました!

おかげでとても弾きやすくなりました。
左側のカーブが滑らかになり左右非対称になりましたがこの形、好きな感じです。

徹くん、いつもありがとうございます!
(徹くんがやっているユニット「T&T」のライブのサポートをする事が決定しております。7/21(日)福生チキンシャックにて!とっても楽しみです♪)

帰って弾いてみる。
うんうん、とても弾きやすいですな!
焦らずにじっくり手に馴染ませて、少しずつお披露目して行きますよ!
author:ニッC, category:-, 02:41
comments(0), trackbacks(0), - -
しゃっくり…
しゃっくりが止まらん!

気まぐれ筋トレの効果をひしひしと感じています。
もうひと押しが出来ます。
結果が出ると嬉しいですよね。

ベースの基礎練習ではクリックのテンポを少しずつ上げています。

ちょっとサボるとそれもすぐ結果として出てしまいますが、そんな事気にせず弾けない時は弾けないと割り切るといいと思います。

JacoのDonna LeeとHavonaのベースソロを練習しています。
Donna Leeのバップフレーズって言うんですかね、じゃずぃーな雰囲気がとても楽しい。
そしてハイフレットまで使うのがまた楽しいです。
テーマが出来るようになって、ソロの一回し目を練習中。

しゃっくりが止まった、出た!

Havonaのソロは周期的に練習したくなります。
指使いの解体と再構築を楽しんでいます。
いつ弾いても一つ一つのフレーズが輝いています。
そして、実はバッキングの方が難しいんじゃないかと思います。
いつか一曲通して弾ける日が来るでしょうか。

Havona、奇跡の演奏のです。
(Donny HathawayのWhat's Going Onも奇跡の演奏です。)

最近shiorを全然弾いていません。
その事を徹くんに相談したら解決策が見出せそうで凄くわくわくしています。
早くアナグマに持って行きたい!!

スタジオで読んだベースマガジンのインタビューでStingが、Teen Townを弾くと言っていました。
練習するしかないですね!!
StingのTeen Town聴いてみたい。

しゃくりは止まりませんでした!
あれ、止まった?
author:ニッC, category:-, 23:08
comments(0), trackbacks(0), - -
明日は
明日は早起きなのですが、緊張からか目が冴えています。
明日は小平第七小学校で演奏します。

僕が小学生の時にも芸術鑑賞教室みたいなのがあって、体育館で聴いたのを覚えています。
あるメンバーの方が自己紹介だったかソロの時だったか、僕が大好きだったとあるアクションゲームの地下の曲を弾いた人がいました。
後々考えるとその人はベースの人でした。
何を演奏していたのか全く覚えていないけど、その記憶は残っています。
今思うと初めて触れたエレキ楽器の音でした。
うっすらと、そして確実に記憶の中にいるベーシストの方。
お元気でしょうか。

電撃が走るような、じゃなくても、一瞬でも心の拠り所になれる思い出になれるかな。

睡魔が忍び寄ってきました。
おやすみなさい。
author:ニッC, category:-, 00:42
comments(0), trackbacks(0), - -
いろいろ
昨日は入間市のso-soで友人が参加するライブを見てきました。
フォーク、ロック、ロックンロールな演奏でかっこよかった。
楽しかったです。
そして久々に会った友人が元気そうで何よりでした。

ジミヘンのAxis:Bold As Loveにはまっています。
兎にも角にも迫力が凄い。
そしてセンス溢れる絶妙なアレンジ。
カバーもされているWait Until Tomorrow。
何でこんなにかっこいいんだろう。

先日アナグマプレベのピックガードをべっこう柄のものに変えました。
プレベのべっこう柄のピックガードにずっと憧れがあり、思い切ってみました。
期待と不安を胸に付け替えると、渋い感じでとても良い!
そしてボディの緑色がより映える感じになりました。
変えてよかったです!
author:ニッC, category:-, 02:40
comments(0), trackbacks(0), - -
Space Age@沼袋オルガンジャズ倶楽部でした。
昨日はSpace Age@沼袋オルガンジャズ倶楽部でした。
お越し下さいました皆様、ありがとうございました!
次回は8/20(火)に沼袋オルガンジャズ倶楽部にて。
ぜひお越し下さい!

ライブ後は興奮しているのか眠れない事が多いです。
なのでブログを書いて睡魔を待ちます。

昨日はステージの配置がいつもと違いました。
いつもはオルガンが真ん中にあり、上手にドラム、オルガンとドラムの間の前方にベース、オルガンの前方にギター、下手にピアノ&キーボードという配置。
昨日は下手にオルガン、オルガンの前にギター真ん中にドラム、ドラムの下手横にベースアンプ、下手にピアノ&キーボードでした。
個人的にはとてもしっくり来ました。
その甲斐あってか、いつも以上に思い切り演奏出来ました。
新曲達もずっと演奏している曲達も、良い曲でした。

しかしみんな凄い。
というか良い。
久々だなーこの感覚。
バンドっていいなー掛け替えのないってこれかなーこれだなー。
みんな優しいんですよ、感じてくれてる、主張をしながらも。
素敵なライブでした。

もっと自分語りです。
ミクロとマクロ、視点は常々変わり続けるものでしょうが、良い演奏ってどんなだろうと、少しずつ俯瞰できるようになってきたかも。
どんな音なのか。
何を込めるのか、乗せるのか。
時にミスして落ち込むのかブチ込むのか。
それにはやはり日々の、意味が分からなくなる事もある小さな積み重ねがあるからこそだと思いたい。
そしてそれを手放してただただ今ある音を感じて没頭する。
今日からもまた小さな積み重ねをしていけそうです。

明日読んだら恥ずかしいやつだなこれ。
まぁまぁそれでもいいじゃないか。
眠くなってきました。
おやすみなさい。
author:ニッC, category:-, 02:35
comments(0), trackbacks(0), - -
自転車
今日は自転車で入間市経由で川越まで行ってきました。
二時間弱の道中でした。
途中局部辺りの感覚が無くなってビビりました。
適度な休憩を取るべきでした。
自転車旅、ハマりそうです。
author:ニッC, category:-, 00:02
comments(0), trackbacks(0), - -
令和元年

令和元年、初日は午前中晴れ。

昨夜は雨、今日も夕方前から雨。

新天皇即位の日を祝福するかの如く顔を出したお日様、おめでたいですね!


午前中ニュースを見つつベースを練習して、午後は自転車で飯能まで行ってきました。

去年玲仁くんと行ったうどんの名店、古久やにて肉つけうどん大盛りを食べました。

帰りは高校時代からの音楽仲間に連絡を取りつつゆっくり帰路へ。

のんびり散策していたら次第に雨が降って来たので急いで帰宅。

楽しいひと時でした。

自転車で巡ると気になった場所にすぐに止まれるのが良いですね。


パリーグの令和初ホームランは山川穂高選手でした。

今年は何本打ってくれるのか、楽しみです。

試合は負けましたが、西武ファンの間では有名な居酒屋一休のcm、そしてプロ野球ニュースを見て和みました。


令和になった実感が少しずつ湧いて来ました。

良い時代になりますように。

初めましてこんにちは令和。

これからよろしくお願いします!

author:ニッC, category:-, 23:59
comments(0), trackbacks(0), - -
平成

平成最後の日。

平成で一番印象に残っているのは、311東日本大震災です。

直接的な被害は全くと言っていいほど受けていませんが、街の大きな振動、道路の異常な渋滞、歩道を歩く人々、テレビで見る各地の異様な被害状況、ガソリンスタンドの異常な混雑、原発の水蒸気爆発、テレビで学者さんが言っていた(うる覚えですが)「我々のここまで生きてきている遺伝子を信じて下さい」の言葉、バイト先の再開の日、計画停電、震災後の初ライブ(池袋の鈴ん小屋にてアサミタケシライブでした)、とにかく生きなくてはと思っていたと記憶しています。

被災地を巡る天皇皇后両陛下がとても印象に残っています。

同列で語っていいものか、江頭2:50の行動にとても心を打たれました。


二十歳頃にやっていたバンドも思い出されます。

あの頃は正直に言いますと辛いことが分からないくらい辛かったです。

メンバーみんなそれぞれ抱えていたと思います。

若さゆえの思い込みとしか言いようがありません。

今でも思い出すと胸が締め付けられます。

メンバーみんな元気にやっているかな。


当時付き合っていた女性も思い出されます。

優しくてとても素敵な方でした。

たくさんの思い出をありがとうございました。

幸せでありますように。


前後して、学生時代のバンドも思い出されます。

学校外で秋葉原のPAGODAでの初めてのライブ。

その仲間繋がりで先ほどのバンドを組んだり。

みんな元気かな。


その頃やっていたうどん屋さんのバイト仲間、音楽が好きな方がいて、ライブに来てくれたり仲良くしてくれました。

元気してるかい?


音楽的にはバンドを離れる前後に行き始めた地元小手指のサウンドストーン、マスターのラッシーさんとの出会いが大きな機転となり、多くの経験をさせていただきました。

そこで知り合ったギタリストの友人がNAVEのすんまセッションを教えてくれて、みんなと音楽するようになって、そこからまた繋がりが出来て。

平行してESPの友人松岡が繋げてくれた縁で仲間が広がりました。

サウンドストーンで知り合った若いギタリストと松岡とバンドやったりしました。

みんなとても頑張っています。


下北沢トロカデロハウスで知り合ったドラマー勇気。

バンドに誘ってくれて嬉しかったです。

力になれたか疑問が大きく残るけど、とてもいい経験をたくさんさせてもらいました。

下北沢のミュージックアイランドO(オー)にて頑張っています。


レッスンを始めました。

というか講師に誘ってくれました。

初めての生徒さんの彼の川越でのライブ、勇気付けられました。

生徒さんのライブに行くの、好きなんです。

学園祭でベースボーカルやっていた子、かっこよかったなあ。


地元の仲間とめっきり連絡を取らなくなってしまいました。

また音楽話に花を咲かせたいです。

野球仲間とまた観戦に行きたいです。

家族が健康に長生きしますように。


思い出を書き連ねるばかりになってしまいました。

それならもっと書けばよかったです。(笑)


と思って書き足していたらこんな時間。

平成に投稿したいのでこの辺で。

(本当は眠くなってきた)


令和はどんな時代になるでしょうか。

平和で思いやりのある時代になることを願って。

ありがとう、さよなら、平成。

author:ニッC, category:-, 23:39
comments(0), trackbacks(0), - -
スティングレイFL
スティングレイFLを練習しています。
フレットレスはやっぱりドッツァウァーのnos.2と5、そしてバッハの無伴奏チェロ組曲第一第二が練習になります。
特に無伴奏チェロの第二は動きが複雑で4本の指を満遍なく使う必要があるので、とても良い練習になります。
(第二はallmandeまでは覚えたのですが、最後まで覚えられるかな)

実戦で使うかは分からないけど、すごく楽しいです。
author:ニッC, category:-, 00:38
comments(0), trackbacks(0), - -