RSS | ATOM | SEARCH
誕生日だった、ヤスリがけ完了、そしてイチロー
16日は誕生日でした。
お祝いのお言葉を下さった方、ありがとうございました!
40歳になりました。
日々を一生懸命に、そして真摯に生きて行きたいです。

誕生日の16日はいつものようにアルバイトに行き、その後shiorのボディをヤスリがけ。
ヤスリがけを始めてちょうど一週間経ち、もういいんじゃないかって所まで来られました。
右手がラクになると共に、左手もより自然に押さえられるようになりました。
なかなかの量を削ってしまい、歪になった独特な見た目は、トレードマークみたいで結構お気に入りです。
これからバリバリ弾いて行きます!

録画していたNHKのイチローの引退時のドキュメントと、最後の試合直後のインタビューを見ました。
イチローの笑顔は、一度全てに絶望した人間が出せるそれなんじゃないかと思います。
自分には分かる筈もありませんが…
全て自分の責任、受け入れているからこそ、あんなに素敵な笑顔になれるのではないか。
自分の理想と重ねて非常に勝手な解釈となっています。
ドキュメントとインタビューを見て、凄く人間臭い、あれだけの人なのに普通といいますか…
マイノリティーな自分の心にさえ、すっと入って来ます。

自分も自分なりに、とことん行こう!!
author:ニッC, category:-, 03:03
comments(0), trackbacks(0), - -
あと一歩が大きいヤスリがけ&レニー・クラヴィッツ
ヤスリがけ、あと一歩が大きかったです...
しかし、日に日に弾きやすくなっている!

ヤスリが無くなって来たので購入。
一枚一枚が安いのでチャレンジしやすいです♪
焦りそうになりますが、気長にをモットーに。

おもむろにレニー・クラヴィッツ。
セカンドアルバムの「Mama Said」に始まり「Are You Gonna Go My Way?」「5」そして「Let Love Rule」を好んで聴いていました。
Mama SaidではFields Of JoyとMama Saidの二曲でGuns N' Rosesのスラッシュが参加していて、最高にゴキゲンなギターソロを弾いています。

マルチプレイヤーのレニクラ、各楽器が本職のプレイヤー以上に味があってかっこいい。
その楽器の良い部分を分かっているんでしょうね。
彼のベースの弦は相当な期間張り替えていないそうです。
(ジェームス・ジェマーソンも張り替えないので有名ですが、自分が古い弦好きはこのレジェンド達の影響です。)

Are You Gonna Go My Way?ではタイトル曲が有名過ぎますが、他の曲もとても良いんです。
このアルバムではバンド形式を取っていて、各メンバーがとてもかっこいい!
実にアメリカらしいといいますか、繊細でいて大胆。太い音。SoulでRock。そしてみんな歌心に溢れている!
強烈なファンクロック、繊細なフォークバラード、ギターソウル、さりげなく彩るストリングス、レゲエ、様々な曲調がありつつ、一貫したバンドサウンドがあり、骨太のアルバムです。
(Yen Town Bandのアルバムはこのメンバーが演奏しています、ゴキゲン!)

テレビのCMで流れていたFly Awayという曲が耳に残り興味を持った5。
このアルバムの一曲目、Liveを学校の授業でやったのを覚えています。
渡辺茂先生が教えてくれました。
ポリリズムがかっこいいイントロ&サビ、歪んだジャズベースでのシンプルなスラップがかっこいいAメロ、緊張感とうねるベースラインがかっこいいBメロ。
あの柔和な笑顔で楽しく優しく教えてくれたのを覚えています。

Fly Awayはまずギターのイントロがかっこいい!
ドヤ顔でよく弾いていました。
Aメロはジャズベースのシンプルなスラップにフランジャーかフェイザーがかかっています。
この音色に凄く憧れたなぁ。

このアルバムはシンセベースを使っている曲が何曲がありますが、シンプルな演奏が多くて耳コピーしやすいです。

書いていたらベースが弾きたくなりました。
フェンダージャズベースで楽しもうと思います。
それでは!
author:ニッC, category:-, 23:00
comments(0), trackbacks(0), - -
今日もヤスリがけ
今日もベースにヤスリがけをしました。
ヤスリがだんだん無くなってきました。
右手に力を入れ過ぎて水ぶくれが出来てしまいました...

しかし!
弾きやすさが格段にアップ!
あと一歩のはず!!
author:ニッC, category:-, 00:20
comments(0), trackbacks(0), - -
ヤスリがけ
今日もシャカシャカヤスリがけをしました。
あと一歩!!
でもその一歩が二、三歩あるかも!!
author:ニッC, category:-, 00:13
comments(0), trackbacks(0), - -
やりたいと思った事をやる
あれこれ考えて動きが取れなくなる前に、初心を思い出して進んでみる。
あれをこうしたいけどそうなるかな、そうなったら元に戻れないんじゃないかな...
何かをする時によく迷いが生じますが、考えが生まれた当初の気持ちを信じてやってみる。
やりたいと思った事をやるのはとても大切な事だと思います。

という訳でshiorのボディを紙ヤスリで削ってみました。
以前アナグマで大幅に削ってもらった腕のコンターの部分を更に自分に馴染むように、240の紙ヤスリでシャカシャカと削ってみました。
いいセンまで来たと思います。
やってみて良かった。
あと二歩、三歩。気長にやろうと思います。

日暮れと共に作業を終えて近所の名店「まがり」に。
マイフェイバリット「味噌納豆」を食べました。
元々まがりの味噌ラーメンが大好きで、今年からだったかな、納豆を入れた味噌納豆がメニューに仲間入り。
(最近は裏メニューになりましたが、大抵の場合はあるそうですよ。)

濃厚でコクのある味噌ラーメンのスープに納豆のトロみと風味が合わさって、とんでもないおいしさなんです!
気付いたらスープも全ておなかの中に。
書いてるそばから食べたくなってきました。
うまかったー!!

帰りはコンビニでブラックコーヒーを買い、家でカフェオレにして飲みました。
至福の時。
author:ニッC, category:-, 00:17
comments(0), trackbacks(0), - -
Xとジャミロクワイ
相変わらずXをよく聴いています。
Taijiの神経の行き届いたプレイ、いつ聴いてもホレボレさせられます。

夜の都内からの帰り道で聴きたくなるジャミロクワイのスペース・カウボーイ。
あれだけの濃密で耳を傾けてしまう演奏なのにリラックスして聴ける、凄いアルバムです。
音楽的な充実度はジャミロクワイのアルバムの中でも随一ではないでしょうか。
スチュワート・ゼンダーのセンス溢れまくるプレイと音色は素晴らしいとしか言いようがありません!
author:ニッC, category:-, 23:17
comments(0), trackbacks(0), - -
昨日は
昨日はUnidentified Flying Object@三軒茶屋夢弦でした。
高橋さんボーカル&ギター、須田ポニーさんドラムとのトリオで、高橋さんのオリジナルを中心に演奏するロックなジャムバンドです。
一昨年の春以来の2年半ぶりのライブでした。
どこまでも突き進む高橋さんの演奏、遊び心溢れる須田ポニーさんのドラム。
お陰さまで楽しい演奏になりました。
対バンの皆様、マスターの杉さん、バンドメンバー、そしてお聴き下さいました皆様、ありがとうございました!
author:ニッC, category:-, 00:47
comments(0), trackbacks(0), - -
雑記
Xばかり聴いています。
特にBlue Blood!!
破滅に向かっても最高です。
Taijiのフェニックスベースが欲しくなります。

スティングレイFL、フェンダーのジャズベを触って遊んでいます。
スティングレイFLにロトサウンドのビリー・シーンモデル、ジャズベにはダダリオを張ってみました。
スティングレイFLにKen Smithのハーフラウンドを張ってみたいです。
弦を張り替えると新鮮な気持ちになります。
author:ニッC, category:-, 22:40
comments(0), trackbacks(0), - -
上手くなりたい!
下手だと思っても、下手さが分かれば成長出来る。
上手くなったと思っても直ぐに別の壁が見つかる。
今まで素通りしていた壁が壁だと気付ける。

「成長は下手を知ることから始まる。」

格言ぽいですな。
author:ニッC, category:-, 01:21
comments(0), trackbacks(0), - -
カナザワマナブくんREC
昨日はカナザワマナブくんのレコーディングでした。
素敵なエンジニアさん、そしてディレクションをして下さる方と共にドラム、ベース、アコギ、仮歌を録音しました。

ベースはアナグマプレベとRob Allen。
エフェクターはOctmizer改、Bottom Royal、Radial PZ-D。
アンプはB-15を使いました。

限界まで辿り着いて、そこからが勝負のギリギリの戦い…
良いグルーヴが録れたと思います!
ガクくん(マナブくんのことをガクくんと呼んでいます)に、チームのみんなに、そして聴いてくれるみんなに気に入ってもらえると嬉しいです。

完成が楽しみです!
author:ニッC, category:-, 22:36
comments(0), trackbacks(0), - -