RSS | ATOM | SEARCH
Masaさんのサポート@吉祥寺ZENON SAKABA
先週26(木)は、Masaさんのサポート@吉祥寺ZENON SAKABAでした。
二人目のジャイアンのMasaさんとドラムのYocoくん、キーボードに初めましてのUiさんとの四人で演奏しました。

新型コロナウィルスが心配される中、マスクや除菌ウェットティシュを持参するなど、出来る限りの対策をしての一日でした。
ZENON SAKABAでは至る所に加湿器が置いてあり、トイレには塩素系の殺菌薬、紙コップとうがい薬が置いてあり、何度も利用させていただきました。

この日はシティーハンターの主人公冴羽獠の誕生日。お祝いの演奏でした。
シティーハンターは子供の頃よくテレビで見ていました。
今でもCSでやっていると見入ってしまいます。

そんな中、エネルギー溢れるライブになりました。
やっぱりライブって、生演奏って、生音って、そして演者とお客さんとのエネルギーの融合って、本当に最高なんです。
その瞬間が確かなものだと実感させられます。
生きている証です。
新型コロナウィルスを気にせずにライブを出来る日が、一日も早く訪れる事を願います。

お聴きくださいました皆様、ありがとうございました。
Masaさん、メンバーのみんな、関係者の皆様、お疲れ様でした。
またぜひ、ご一緒させて下さい。
author:ニッC, category:-, 22:12
comments(0), trackbacks(0), - -
LOVE ME TENDERというバンドにはまっている
LOVE ME TENDERというバンドの、YouTubeに上がっているPVをよく見て(聴いて)います。

ドラムボーカル、ギター、ベースという三人編成で、ドラムボーカルは女性です。
シンセのメロディーが入ったりもしていますが、トリオならではのスペースを生かした楽曲。
ギターとベースが4分音符を2回ずつだけ、みたいな、確信的なアレンジが光ります。
音色やタッチがとても生かされた生々しいサウンドに病みつきになりました。

ベースはPVを見るにFender Custom Shopの、OPBをモダンにしたようなベースで、カバードのシングルがフロントとリアの二発乗っているようです。
ジャズベのような音色ですが、OPB的な広がりだったり、プレベのようなズボッって感じだったりがあり、凄く好みの音色です。
曲によて音色が違い、歪ませてモータウンぽかったり、プレーンに近かったり。
フレーズの付け方がブラックミュージック的で、少ない音数で効果的にストーリーを築いています。
ちょっとレッチリ風味も感じます。
ライブ行きたいなあ。

このバンドの影響でOPBを久々に手に取り、ちょこちょこ改造して本腰を入れて弾いています。
自分のは1PUなのでもちろん音色は違いますが、だからこそ自分の色が出せるはず。

今夜すべてのバーで

BlackBox

よければ聴いてみて下さい。
author:ニッC, category:-, 00:27
comments(0), trackbacks(0), - -
後輪が派手にパンク!
先日アルバイトに行く途中、自転車の後輪が派手にパンクしてしまいました。
中のチューブがボロボロで、長年積もり積もった蓄積疲労が爆発したんだと思います。
後日購入した自転車屋さんに修理してもらい、また元気に走ってくれるようになりました。
やっぱこれだね!

ギヤ無しの安物ですが乗りやすくて、まだまだ働いてもらいます。
これからもよろしく!
author:ニッC, category:-, 00:02
comments(0), trackbacks(0), - -
左手の基礎練習
左手の基礎練習を開拓しています。

・ある一つの音を基準に、7つのスケールを弾く
ひとまずB♭を基準に、B♭エオニアン、B♭ドリアン、B♭フリジアン、B♭リディアン、B♭ミクソリディアン、B♭アエオニアン、B♭ロクリアンを、1234、2345、3456...とハノン的に続けて弾きます。
慣れてきたら順番を変えてみたい。
特に薬指が鍛えられます!

・12キーでメジャートライアドを1オクターブ往復
ドソミソ・レラファラ...
ベースマガジンで読んだ岩永真奈氏の記事を参考にさせていただきました。
1535の並びはクラシカルな響きで楽しく出来ます。
薬指小指が鍛えられます!

・7thを入れた4和音アルペジオを1オクターブ往復
ドミソシ・ドラファレ...
シソミド・レファラド...
ジャコ・パストリアス大先生の練習法を引用させていただき、12キーで行います。


デミニッシュも取り入れたい。
オクターブの楽しい練習法を見つけたい。
少しずつ効果が感じられて、やりがいがあります!
author:ニッC, category:-, 23:53
comments(0), trackbacks(0), - -
ONEGRAM@渋谷familyでした

ONEGRAM@渋谷familyでした。

自分なりに、新型コロナウィルス対策をしっかりして向かいました。

車で向かったのですが、日曜日と思えないくらい空いていて、おかげで目標時間よりも早く到着しました。


演奏前、付近を散歩しました。

自分のイメージする渋谷の人混みと比べて、やはり人が少なかったように思います。

途中寄った本屋さんで、内田春菊の「ファザーファッカー」の文庫を見つけました。

二十歳過ぎの頃、友人から借りて読んだことがあり、あまり覚えていないのでもう一度読んでみようと思い、購入しました。


話が脱線しました。

新型コロナウィルスの影響が心配される中、それでも来ていただいた方と共に音楽を、演奏を楽しみました。


ONEGRAMの曲が体に染み込んで来て、遊ぶ余裕が出てきました。

(一度型を作ってから崩していくのが好きです。)

メンバーの優しい人柄が出た、心地良いグルーヴ感でした。

改めて音楽って楽しい、ライブって楽しい、素敵なんです。


帰り道も空いていました。

先ほどの演奏の録音を聴きながら、のんびり帰りました。


ライブの話なのか新型コロナウィルスの話なのか分からなくなってしまいましたが、切っても切れない状況ですよね。。

自分の周りのミュージシャンも、新型コロナウィルスの影響が出ています。

一刻も早い収束を、改めて願います。

そして、心から音楽を楽しめるライブをたくさんやって行きたいです。

author:ニッC, category:-, 02:53
comments(0), -, - -
左手親指
ベースを弾いている時の左手の親指の置き方というのか使い方というのか、を探っています。

親指の向き、ネックにどう触れるか、移動はどうするか、など事あるごとに考えています。

手や腕の動きにも連動してきて、親指含めて指の重心を一点に集めすぎないように意識したり、移動に腕の力を利用したり、よりスムーズに、より確実に弦が押さえらるようになってきて楽しいです。

やればやるほど、新しい感覚が芽生えて来ますね♪
author:ニッC, category:-, 00:17
comments(0), trackbacks(0), - -
一日でも早い収束を願う
新型コロナウィルス、一日でも早く収束する事を願っています。

患ってしまっても症状が出ないのが本当に恐いです。
自分が大丈夫でも誰かに移してしまう事もある、その逆も。

見えない相手ですから、出来る限りの予防をしようと心掛けています。
よく食べて、よく寝て、体温下げないようにして、不要不急の外出は控え、不特定多数の人が集まる所へはマスクをして行き、帰宅時にはアルコール消毒、すぐシャワーを浴びて、部屋にこもってCSの録画を見たりベースを弾いたりいじったり。
家族が持病で免疫力の下がる薬を飲んでいるので、思った以上に予防をしたいです。
自分もいやだけど、家族に移ったらと思うと心配で心配で。。

危険度が高いのか低いのか判断出来ませんが、最悪を想定すると、予防しておいて損はないですよね。
一日でも早く、収束しますように。
author:ニッC, category:-, 00:00
comments(0), trackbacks(0), - -
ONEGRAM@渋谷ルビールーム
昨日の深夜、ONEGRAMのサポートで渋谷ルビールームにて演奏しました。

DJが回す音楽を楽しみながら、演奏の時間に。
新型コロナウィルスが心配される中、集中しつつリラックスしつつの良い演奏になりました。
曲が体に入ってきて、だんだんと遊べるようになってきました。

さっこちゃんがMCで触れていたのですが、深夜の演奏だったので日付が変わって2/29の演奏になり、何だか嬉しい気持ちでした♪

お客さんや関係者の方々、みんなコロナウィルスが心配でしょうが、踊っている人がたくさん見えて演奏冥利に尽きる瞬間でした。

ONEGRAM、いつもご一緒させていただきありがとうございます!
お聴きいただいた皆様、関係者の方々、ありがとうございました!
author:ニッC, category:-, 21:22
comments(0), trackbacks(0), - -
松島茂アナ

文化放送の松島茂アナウンサーが昨日2/23に47歳という若さで逝去されたそうです。

ライオンズナイターや、まいどスポーツであの声が聞けない。


ライオンズナイターや、まいどスポーツを聞くのが車移動の時の楽しみでした。

月曜日は定期的に、アルバイト先から都内に車で出る事があり、いつもとあるセブンイレブンに到着する辺りでライオンズエクスプレス、そしてまいどスポーツが始まる時間になり、音楽からラジオに切り替えていました。

ガンちゃんの暴走と、ちょっと振り回される女性アナと、ガンちゃんを受け止めながら毅然と進行する松島アナの、三人の掛け合いが思い出されます。


昨年だったか一昨年だったかはっきり覚えていないのですが、ライオンズのリーグ優勝祝勝会で松島アナが司会をされていて、その声に安心したというか、やっぱ西武ライオンズなんだというか、自分に例えると家族がライブを聞きに来てくれたみたいな、安心感とちょっと恥ずかしさが入り交じった気持ちになりました。

ラジオを通して、いつの間にか身近な存在になっていました。


radikoのタイムフリーで今日放送されたまいどスポーツを聞き、Twitterで奥さまをはじめ、文化放送関係者やラジオ関係の方々のコメントを読みました。


松島アナの実況が頭の中で響きます。

ちょっと高くて、ちょっと早口で、堂々としていて、すっと入ってくる実況。

今年も当たり前のように聞けるものだと、いや、聞けなくなるなんて想像すらしていなかったです。


ご冥福をお祈りいたします。

安らかにお眠り下さい。

author:ニッC, category:-, 23:17
comments(0), -, - -
アッシュOPBのブリッジを交換

アッシュOPBのヘッド落ちの改善のため、ブリッジをfreedom custom guitar researchの「tone shift bass bridge ver.3.0」に変えました。


装着して構えてみると、ブリッジの重みがズシリと感じられ、ボディバランスが大きく改善されました。

とても弾きやすい!


音質面では、広がりがちだった音像が適度に引き締まり、音程感がはっきりしたように思います。


このブリッジに元々乗っていたサドルは、弦間がジャズベやプレベのサイズに合わせてあります。

OPBは弦間が若干狭いようで、弦がポールピースの真上を通らなかったり、ほとんど外れてしまう弦もありました。


手持ちのKTSのチタンブリッジからサドルを外し、取り付けてみました。

ポールピースのほぼ真上を通るようになりました。

音色面では、元々のサドルはフラットな印象で、チタンのサドルはミッドに膨らみがあります。

良い変化になりました。

(元々乗っていたサドルはジャズベースに乗せてみました。ポールピースからずれていた弦が、真上を通るようになりました!

author:ニッC, category:-, 21:50
comments(0), -, - -