RSS | ATOM | SEARCH
スティングレイ5の弦
スティングレイ5の弦を、ロトサウンドのニッケルからリチャード・ココのステンレスに張り替えた。

ロトサウンドの弦がヘタって来ていて前張っていたロトサウンドのステンレスを探していたら、ココのステンレス(未使用)が出てきた。
棚から牡丹餅、部屋からココ。

ロトニッケルの45〜130に対し、ココステンレスは45〜125。
B弦のテンション感・音程感を求めて130オンリーで狙っていたけど、125だと全て20の差なんだと自己解決。

まずは弾き心地、テンションが結構緩め。指にまとわりつく感じがありますが、ステンレスならではの感覚とココの緩めのテンションがあわさったからかな。

サウンドはステンレスですが落ち着いていて、若干の煌びやかさとサスティン。
前の前の前に張っていたロトのステンレスよりかは明るく、サスティンがあるかな。

重要なポイントB弦。
130に比べやはり細さは感じられるけど、その分音像がはっきりしたと思います。

どうなっていくのか、楽しみです。
author:ニッC, category:-, 02:53
comments(0), trackbacks(0), - -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 02:53
-, -, - -
Comment









Trackback
url: http://imagetonos.jugem.jp/trackback/1305