RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, - -
Rob Allenのペグを交換
Rob Allenのペグを、HipshotのウルトラライトからGOTOHのGB350XNに、ギター工房アナグマにて交換。

---

Rob Allenを購入後間も無く、三弦開放を弾くとペグからビリビリ音が発生し、最近では五弦にもそれが出始めていました。
Hipshotはバラでも売っているので同じ物で良いかとも思いましたが、GB350が相互性がありそうだという事をどこかで見聞きした記憶があり、調べてみました。
GOTOHのHPでカタログをチェックしたところ、チューニングの安定感、スムーズさ、軽量、堅牢性、Xコーティングという特殊塗装が良さそう、かっこいい形状などなど、見れば見るほどにGB350の、GOTOHの魅力にはまっていき、交換せずにはいられなくなっていました。

---

最初にペグを回転させた時、そのスムーズな巻きとチューニング精度の高さに感動すら覚えました。
少しの巻きでもしっかりと反応があり、ほんの少しの音の上げ下げが可能です。
あの形状が手にフィットして、とても巻きやすいです。

スムーズで正確な巻きには、Xコーティングの影響が少なからずあると思われます。
その色合いはマットで、落ち着いた雰囲気です。

重量感はHipshotから大きな変化は感じられません。

音色も大きな変化は感じられませんが、若干締まりが出て音程感がはっきりしたように思います。

今回の一番のポイント開放弦は、ビリビリ音が全く無くなり、心おきなく弾けるようになりました。

相互性は、ペグを固定するネジの位置が違います。
ポストが若干太いので、加工が必要かもしれません。
(アナグマの徹くんにお任せでした。いつもありがとうございます。)

程なく弦交換を行いました。
やはりとても巻きやすく、チューニングしやすいです。

良い交換になりました!
author:ニッC, category:-, 03:53
comments(0), trackbacks(0), - -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 03:53
-, -, - -
Comment









Trackback
url: http://imagetonos.jugem.jp/trackback/1311