RSS | ATOM | SEARCH
きしのりこのアコースティックのレコーディングでした。
昨日はきしのりこさんのレコーディングでした。
アコースティックとバンドで二日あり、昨日はアコースティックでした。
アコギ春山さん、パーカッションmaruyaMAX、ピアノきしさん。
レコスタが畑に面していて、途中耕運機が畑を耕す音でレコーディングが中断したり、ゆったりとした雰囲気で三曲、きしさんとマックスはその後一曲を録音しました。
みんなのレコーディングを聴くのはとても楽しいです。
春山さんのカラフルなアコギ、マックスの優しい音色、そしてきしさんのシンプルで時折見せるフレーズがキラリと光るピアノ。

ベースはスティングレイFLを使い、それ以外の機材は全てスタジオのを使いました。
パーカッションの本テイクに合わせた曲、全体が完成した後にもう一回ベースを録ってみた曲、最初に録った2テイクをミックスした曲、それぞれ違う形になりました。

今週末にはバンドの録音です。
シンガーソングライターに限らずでしょうが、バンドでレコーディングするって大変な事だと思うんです。
想像の範囲を超えないですが、その想いに応えるには相手の思う以上であろう演奏をする事だと思うんです。

レコーディングでもライブでも、一音一音が精神的にも物理的にも自分の人生の証です。
音に集中して、その瞬間を楽しめればいいなと思います。
author:ニッC, category:-, 22:53
comments(0), trackbacks(0), - -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 22:53
-, -, - -
Comment









Trackback
url: http://imagetonos.jugem.jp/trackback/1342