RSS | ATOM | SEARCH
ライブはやはり最高!

自分のアルバイト先はまだ自粛要請が解除されず、自宅待機の日々です。

しかし、プロ野球が開幕に向けて練習試合を開始しました。

中継を見ていましたがやはり生は、ライブは最高です!


ライブと言えば先日ツイキャスで、聞間拓さんと村岡広司さんが東梅田AZYTATEにて企画された24時間配信のライブをちょこちょこ見ました。


AM4:10から、ききまたくや聞間拓でご一緒したギタリストのさっくんのユニット「HGSM」が演奏でした。

普段寝ている時間なので見られそうにないと思っていたのですが、ばっちりトイレで目が覚めました。

さっくん相変わらずの力強い演奏、そして歌も歌っていてすごく良かったなぁ。

ユニットの三人の仲の良さが伝わって来ました。

見られて良かったです!


拓さんと村岡さんのステージがポイントポイントにあって、何度か見ました。

特に最後のステージが素晴らしかったです。

拓さんのMCが心に響きます。

そしてそこからの演奏。

見ている人たちがメッセージで合唱したり、自宅にいながら一体感を感じられる、感動的な時間でした。


少しずつしか見ていなかったけど、24時間長いようであっという間だったんだろうと思います。

素敵な配信ライブ企画をありがとうございました!


スポーツも音楽も、やはりライブが良い!!

「その時」の為に、思いやりを忘れず今を着実に生きていこう!!

author:ニッC, category:-, 00:58
comments(0), -, - -
左手
YouTubeの福ちゃんという方のリズム塾という動画でお話しされていた「左手だけでも音を出す」ような意識を持ってみました。
左手で押さえて右手で弾く、のではなくて、左手と右手で同時に弾く、出す一音により集中するようなイメージです。
(福ちゃんさんの意図とは異なるかもしれません。)

あぁそう言えば!という場面が思い出されます。
(FLEAや知人のAくんまで!)

まだまだモノに出来たとは言い難いですが、自由度が上がり、ダイナミクスレンジが広がった気もします。
暫く続けてみようと思います!
author:ニッC, category:-, 00:19
comments(0), trackbacks(0), - -
YUKIの「プリズム」

YUKIの「プリズム」を改めてコピーしています。

確か海外の方がプロデュースされていて、プレイヤーも海外の方々だったと思います。

雑な記憶で申し訳ありません!


使用ベースはリッケンバッカーだと思われます。

4001と4003どっちかな、どっちでもないのかな。

ピック弾きだと思われます。

太くてとても良い音、曲のカラーをより深めていると思います。


プレイ面では、ポジションの使い方、スライドでの色付け、カウンターメロディの入れ方、印象的な経過音、オンコードの使い所、聴きどころ満載です。

ロングトーンと刻みのバランス、装飾の16分音符の入れ方なども絶妙で、フレージングと併せて命が宿っているかの如く曲を推し進めていて、この演奏でないと曲が成立しないんじゃないかと思わされます。


ベースだけでなく、楽曲全体が歌詞と歌にとても近い位置で寄り添っているように思います。

ピアノのタッチ、ドラムの音色とグルーヴ感とダイナミクス、レスリーを掛けたようなギターの音色、コーラス。

そしてやはり歌詞が好きです!


最後に一言言わせて下さい。

リッケンバッカー、欲しいぜ、、、

author:ニッC, category:-, 01:27
comments(0), -, - -
「終わりなき旅」を練習している
Mr.Childrenの「終わりなき旅」を練習しています。

指弾きでのシンプルな8分音符が殆どで、
イントロとアウトロで高音域のメロディ的なフレーズ、Cメロと大サビの最後でスライドが入ったりします。
BPMが♩=68くらいで、とても繊細なテンポ感です。

転調が物凄く多いんです。
イントロ:F#
Aメロ:E
Bメロ:E
サビ:C
Cメロ:Cm
間奏:F
落ちA:E
大サビ:D→E
アウトロ:E

間違ってないかな(汗)
♭majorを効果的に使ってどこまで転調出来るかチャレンジしているように思います。
長年聴いているというのもありますが、これだけ転調していても曲に一貫性があるのが凄いですよね。
そんなコード感や、転調のタイミングを感じたりしながら演奏するとより楽しいんです。

このテンポ感、そして高揚感の中で、シンプルに8分音符を刻み続ける。
右手はピッキングのコントロールと持続性、左手は移動のタイミングやポジショニングの正確さなどが求められます。

何と言っても歌詞、そして歌!!
心に響いてきて、冷静な演奏が出来なくなります、、、
しかしここは!!
心は熱く、手元は冷静に、曲と一つになる、そんな気持ちのコントロールを意識しても面白いです。

書きたい事書いたのですが、締めの言葉が見つからなくなりました。
この辺りで失礼します。
おやすみなさい!
author:ニッC, category:-, 01:44
comments(0), trackbacks(0), - -
東京ジャズ'19ダイジェストの録画を見ている
東京ジャズがYouTubeライブで放送されていましたね。
Space Ageの玲仁くんが教えてくれました。
アーカイブが残っているようですね♪
昨日少し覗いた時はMichel Camiloがソロピアノで演奏していました。
凄かった!

BSプレミアムかな、でも昨日の深夜に放送されていて、そちらは去年の東京ジャズのダイジェストを3パートに分けて放送していて、録画しました。
途中まで見たのですが、凄すぎて釘付けになります!

トップバッターはChick Coreaのアコースティックバンドで、ベースはJohn Patitucci、ドラムはDave WecklでSpainを演奏していました。
例のキメではお客さんに手拍子を煽り、ピアノのフレーズでコール&レスポンスをしたり!
そしてラストはあのキメを三連続!!!
テレビ越しにも素晴らしい雰囲気が伝わってきて、お客さんは大満足だったんじゃないかな!
Patitucciのウッドベースの音色、物凄く良かったなあ。
芳醇とはこの事。
楽器の持つ音色と、プレイヤーの技量が融合した、素晴らしい音色でした!

大好きなMe'shell Ndegeochelo!
いつものメンバーでの演奏は、バンド感が更に増しているように思いました。
浮遊感のある楽曲、いつまでも聴いていたい。
パート1は一曲、パート2は二曲でした。
パート3は未視聴なのですが、Me'shellの演奏入ってないかなー!
パート2の一曲目は新曲っぽかったです。
ロック調でパンクな感じもしてかっこいい!
二曲目はAtomic Dogというカバー曲。
「Ventriloquism」というアルバムに収録されていてさらにさらに進化、深化していました。
素晴らし過ぎる!!
ドラムとキーボードのコーラスがフューチャーされていて、Me'shellが上に行ったり下にも行ったりもしていて、雰囲気が出ていました。
ギターの相変わらずチープな音色も最高です。
Me'shellはFenderの白いプレベを弾いていました。
ベースを下ろしている場面もあり、時にキーボードがベースを弾いている部分もありました。
Me'shellのゴキゲンなインタビューの映像も流れて、最高でした!

あと印象的だったのが、Avishai Cohenのトリオ。
曲の良さはもちろん、バンドメンバーそれぞれがそれぞれを慈しんでいるように見えました。
Avishai Cohenのウッドベースの音色も凄く良かった。
気合の入ったバッキングをいたかと思いきや、急にメロディーとユニゾンしたり、ソロでは抽象的なプレイもしたり。
それでいてステージで完結せずに、お客さんを楽しませようとしているのが伝わってきます。
曲が終わった後の拍手が大きかったように思います。

続きが楽しみです♪
author:ニッC, category:-, 00:46
comments(0), trackbacks(0), - -
前回の記事の訂正
前回の記事でスケール名に誤りがありましたので、訂正して再投稿させていたただきました。

誤)メジャースケール→正)イオニアン(メジャー)スケール

誤)フリジアン→正)ドリアン

誤)アエオニアン→正)アエオリアン

以上です。
大変申し訳ございませんでした。
author:ニッC, category:-, 23:16
comments(0), trackbacks(0), - -
寝る前日誌

オクターブの練習を始めてまだ2、3日ですが、オクターブ上の音を押さえる中薬小が、ふとした時に揃うようになってきました。

この三本の指のバランスが揃わない事が多々あったので、続けたらどうなるか楽しみです♪


以前書いたかもしれませんが、スケールを4音ずつ上がっていく練習が、指のバランスアップに効果があるみたいです。

基音をB♭(4弦6フレット)にして、まずイオニアン(メジャー)から始めます。

シ♭ドレミ♭・ドレミ♭ファ・レミ♭ファソ〜

次はB♭ドリアン、最後はB♭ロクリアンまで、各4往復ずつです。

次に、行けそうなら半音下げて基音をAでやります。

特にドリアンとアエオリアンはポジション移動のポイントが他のスケールと違い、面白いです。

各スケールのキャラクターも何となく分かったりして、良い練習だと思います!


と、練習たくさんしてるみたいに書いていますが、あまり弾いていませんでした!

殆ど部屋にいるのに、調子の良し悪しや気持ちの上下などがあります。

特にこの2、3日は新型コロナが落ち着きが見え始めて、分かっていても気持ちに変化があるように思います。

一つのゴールが見えた時が一番気を付けなくてはならないですよね。

引き締めつつ、切羽詰まらないよう時に息抜きをしながら過ごそうと思います!

戸愚呂!(最近見てる)

author:ニッC, category:-, 01:28
comments(0), -, - -
色々と

オクターブの練習を始めました。

4弦開放弦のEから3弦6フレットのE♭まで、同じ弦上でメジャースケールを一往復し、半音ずつ上げていきます。

4弦5フレットのAまで行ったら、3弦開放のAから再スタート。Aだけ2回やる事になります。


慣れてきたらパターンを変えて、ダイアトニックコードでやっても面白そうです!



あまり弾いていなかったジャズベや、アルダーOPBを弄りました。

ジャズベは弦をいくつか試したり(結局ラベラに戻りました)、PUの高さ調節をしました。


アルダーOPBは、前に注文していたgotohの軽量ペグが届いたので取り付けてみました。

ヘッド落ちが改善され、交換前は少し弾くと左手首の筋に嫌な痛みが出たのですが、それが無くなりました。

これでいつでも出動できます。

(あとは腕だけです...)



最近インスタグラムに登録しました。

見る専門です。

fleaやme'shell ndegeocello、西武ライオンズ関係の人たちをフォロー。

fleaやme'shellはたまに演奏している動画を上げていて、見るとわくわくします。

fleaは数日前、部屋でゴリラのKokoの前でベースを弾いていて、少しするとKokoがベースを手に取りおもむろにかき鳴らしているという、信じられない動画をアップしていました。

Kokoはベースを雑に扱わないで、丁寧に立て掛けようとしていたり、何というか、その場が思いやりに満ちているように感じました。

今も見て来ました。何度も見てしまいます。


me'shellはTony Allenの追悼でfela Kutiの「Zombie」のベースリフを弾いている動画を上げていました。

生音かアンプの音か分からないですが、アコースティックベースのような深い音色、そしてme'shellの深いグルーヴでした。


Tony Allenが亡くなられました。

しなやかでよく粘る独特のドラミング、グルーヴ。それだけで芸術です。

hypeの勇気に教えてもらったHome cookingとLiveは愛聴盤です。

Tony Allen、安らかに。

author:ニッC, category:-, 00:59
comments(0), -, - -
体力を付けたい
弦高を少しずつ上げています。
ほんの少しですが、サウンドにコシが出てきたように思います。
握力や腕の力など少しずつ強化して、より良いサウンドで演奏したいです。

今夜もジョギングをしました。
30分ほどでしたが一定の時間ペースを保ちながら運動する事で、グルーヴのスタミナが付くと思います。

体力があると、弾きたい演奏をより楽に出来ると思います。
まだまだ、まだまだですが、少しずつ体力を付けて行きたいです。
author:ニッC, category:-, 00:01
comments(0), trackbacks(0), - -
自粛生活
先週は殆ど部屋に篭っていました。
CSを見たりゲームをしたり、そしてベースを弾いたり弄ったり。

しかし、昨日アルバイト先に手続きに行った際に体のなまりに危機感を覚え、昨夜はジョギング、今夜はウォーキングをしました。
夜は殆ど人が出歩いていなくて、いても進路を変えたり歩道の逆側に行ったり、可能な限り距離を取りました。

有酸素運動をすると呼吸が深くなり、血行も良くなりますね!
そして気持ちが上向きになる気がします。
そんなこんなで平穏に過ごせています。

引き続き、この事態の中お仕事をされている方々に敬意を表したいです。
ありがとうございます。
どうぞ、ご自愛ください。
author:ニッC, category:-, 00:49
comments(0), trackbacks(0), - -